青色の世界。

好きをひとつひとつ残して。

私のジャニーズ応援スタンス。

皆さん、ジャニヲタlifeエンジョイしてますか???

 

唐突な太文字大文字失礼いたしました。今日は、最近人様のツイートをみて自分を顧みたとき、気になったことがあって。

 

私は生産性のないヲタクなのか????

 

今まで考えたこともない考えにワイワイパニック気味になり。混乱→どうしよう→整理しよう!!!!の精神で、執筆に至りました。

 

応援スタンスって人それぞれ、この日本にジャニヲタがどのくらいいるのかは統計不可だけど、その人の数だけありますよね。お金の使い方、価値観、ぜんぶ違う。そんなこと分かりきってるはずなのに、至ってしまった考え。

 

自分の身から出たネガティブ〜な感情は自分で整理する!てなわけで、私の応援スタンス📣いってみよお。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の遍歴は小4あたりから、嵐さんで始まりました。当時はベストアルバム等一気に曲をさらえるものをレンタルショップで拝借、MP3プレーヤーに落として聴く、というのが定番でした。ので、シングルやアルバムは中学生になるまで買ったことはありませんでした。

中学生になると少しずつお金を貯めて気になるCD、ライブDVDを買うように。そう……私の基本スタンスは、欲しいと思ったら買う。全てが欲しくなるわけではないのか???いえいえ……私、たぶん服を買うのと同じ感覚で買ってるんです。服?というかほかのもの。

「応援してるなら全種買う!」

そういう意見もチラホラ見たことがある。でも、私はその時その時で欲しいと思えば買うし、そこまで思わなければ買わない。いくらファンでも欲しい欲しくない、がきっちり分かれる私。これは嵐も、エイトも同じでした。バイトをするようになり、ある程度お金を使える状況になっても変わりませんでした。たぶん働き始めても同じだと思う。

 

 

 

ちなみに現在のお金の使い方は、

シングル→買うときもある

アルバム、ライブDVD→ほぼ買う

雑誌→買わない

ライブ→行ければ行く(今年は必ず行きたい!)

と言った具合。

 

 

 

WESTを応援するようになってちょっとネックに感じたのは、数字が物を言うんだという(本当に一部の方の)意見かなぁ。最新シングル『ホメチギリスト』も、『追いチギリスト』なんて言葉が生まれたほど、WESTさんに貢献してらっしゃる方々がいる。もちろんどのグループも、CDやDVDの売れ行きによって人気が高まっていくのだろうし、事務所にもそういう認識のされ方をするのだろう。それによってライブをする場所も変わってくるだろうし。ただ、学生という立場もあるけれど、全てにお金はかけられない。CDやDVD以上に欲しい服、欲しい靴、欲しいかばん、欲しい雑誌、友達と一緒に行きたいところ、……諸々あるから。

 

 

私は金にならんヲタクかもしれない、ただ、好きという気持ちはほんと。たぶんこのスタンスは変えられない……だからちょびーーーっと後ろめたい。だってこの気持ちはあふれんばかりあっても、本人たちの目には見えないわけでしょう?お金をかけることだけが「好き」だなんて思わないけど、今のところこの「好き」の表し方がわからないなぁ。お仕事が1つ決まればその日はハッピーだし、雑誌の表紙がカッコよければキュンキュンするし。その気持ちはあるのだけど……。

 

 

 

 

お金の使い方は他人に左右されるものでもないし、自分で決めるべきこと。今はそう心に留め、できる範囲の応援をしています。ここに来て、あまり担当、という概念が好きではない(表記として伝わりやすいから使うけれども!!)こと、ドウタンキョヒの意味があまりよくわからんこと、銀テープにそこまで価値が見出せんことなどに気づきました。今更。ちょっとウケる。

 

 

 

 

 

 

 

まあでも結局、好きならそれでいっか。

 

 

 

優しすぎる彼がすき。

WESTさん第2弾。沼inしたおはなしは前回の記事!↓ジャニーズWESTの沼にドボンした話。 - 青色の世界。

 

今回は、定まりました自担(とお呼びしていいのだろうか……)、

濵田崇裕くん

についてです。

 

ちょいと重めの話から。

まず、WESTを詳しくお勉強してみて最初に濵ちゃんに抱いた印象は、とにかく自己犠牲の人。優しい、と言ってしまえば一口なんだろうけど、彼の優しさはこっちが痛いほど自己犠牲だなと。私が前々から応援している大野くん、安くん。私はこの2人を常々優しく愛のある人だと思っているのだけど、濵ちゃんの優しさはまた別の次元にあると感じる。(特に比べているわけではなく)

 

ひとに優しい人を見ると嬉しくて、愛しくて、あったかい。でも、少しだけ痛い。それが濵ちゃんの優しさを見たときの感覚。超極端な例えをすると、鶴の恩返しに出てくる鶴が自らの羽をもぎ取って布を織ってる、その感じ。……わかりにくっ、伝わりづらかったらごめんなさいね!!!

濵ちゃんがそういう優しさを与えられる人だから好きなのだけど。

それ故にいじられることもあるのはわかるし、そもそもメンバー間の関係性なんて本当のところ本人たちにしかわからないし、そもそもファンが一生懸命理解しようとすべきことではないと思うし。ただ、先日のラジオを聴いて、Twitterがちょっとだけ揺れていたので、改めて考えてみました。

私は(結局まとめると)優しい濵ちゃんが大好きです。その優しさに包まれたジャニーズWESTも好きですし。それだけ!これ以上深く語れるほどまだ彼らを知らないから。でも、自分のスタンスで、自分の思うままに応援できたらいいかな。

 

 

と!言うことで!湿っぽいのはここまでにして、もうちょっと濵ちゃん語りしましゅ。

 

①歌

まず声がいい。声が好きすぎ。たぶん若干高めの声が好きなんですけど、濵ちゃんのワタワタしてない時の低めの声(流星くんか誰かもラジオで言ってたと思う)が!!好!き!で!す!もちろんワタワタしてても好き。いいのです。恋は盲目。

歌が上手な印象はあんまりなかったけど、こうして好きになって、たくさん曲を聴くようになると、一瞬で落ちてしまいました、彼の歌声に。

人柄が色濃く溢れる柔らかい歌い方。ふわんと浮くような声の抜き方。グッと力を込めた時の力強い声色。一曲一曲知るたびに、色んな濵ちゃんを知れる気がして、今はWESTさんの曲を聴くのが楽しいです。何時間だって聞いていたい、と感じるくらい大好きな歌声。

一曲だけ、感想を言いたい!

『初恋』です。

ソロパートで繋いでいく曲で、1人1人の声を堪能することができる、新参者には嬉しい一曲。

この歌の

ほら、また君が笑ってる、笑ってる

という濵ちゃんのソロパート。ここでいつも泣きたくなる。どこかノスタルジックな気持ちになる。2回目の「笑ってる」で、

「良かった、君が笑ってる、なんて嬉しいんだろう」

なんていうのは私の単なる想像上の言葉たちだけど、この「笑ってる」の歌声だけでその感情が伝わってくる。毎日のように「初恋」聴いていますが、毎回この部分を聴くたびに、また一個、濵ちゃんを好きになるのです。

 

 

重っ…………。

(濵田担の皆々様、これは通常運転でしょうか……当方、若干自分に当惑しております)

続くよっ!!

 

 

 

②リア恋

私はリア恋系ジャニーズを愛してやまない女なので……ちょっと濵田さんはキャパオーバーでしたね……。どうして今までこんなリア恋中のリア恋(?)アイドルを教えてくれなかったの!!!!!!ねえ!!!!!!私悪いことした!?!?!?(支離滅裂)

雑誌に映るオフショットを見るたび、休日に朝遅くまでふとんの中でゴロゴロして、

「なーなー……すきやでー?……へへ。」

とか照れてくしゃあって笑う崇裕さん求めるんですが???むり!!!

 

私、あいみょんが結構ずっと好きなんですが、彼女の歌詞に出てくる男の子を崇裕さんに当てはめると、ぴったりすぎてひっくり返ります。以前ラジオでそんな本人が「〇〇ちゃん」をかけたと聞いた時は、まぁ……神秘を感じました……amen……Oh……god……。間接的に(間接的に?)あいみょんと崇裕さん付き合ってると思う。付き合っててほしい。まぁ、今自分が何言ってっか全然わからない。

 

あと彼の罪なところは、女の子の受容が寛大すぎるところ。ふとした変な顔が好き……?お化粧がぐずぐずになっちゃってても全然ok……?ぽっちゃりが好き……?

思わず大学デビューのための自分磨きの手が止まりそうな勢いで好き。なんか世間的にまだまだ女子に求められるものって多いしどこか押しつけがましいし……と思っているタイプだから、こういう男性がいることにホッとする。こう言ってくれる人がいたら、適度に力抜きつつ自分磨き頑張れそう。多幸感。やっぱり濵ちゃんはマイナスイオン。本気で、私の理想の男性です。本気よ。

 

本人もおっしゃってたように、ムロさんの『大恋愛』みたいなラブストーリー、やってほしい。健気な男性。日本中が濵田さんに落ちてしまうのは致し方ないけどさ、うん……。言霊言霊!!あっ違うこただまっ!!!!

いい意味で普通っぽい。だけど絶対手の届かない濵ちゃん。切ない……。(そこ!勝手に脳内妄想始めない!!)

 

 

という感じで、2000字も超えてきたことだし。でもまだまだ出てきます、笑ったときなくなる目(神ちゃんは同志)とか目にかかる邪魔そうな前髪とか細いのにあるとこある腕の筋肉とかちょっとイキったマイクの持ち方(2/2のmusic fair参照)とかロングトーン伸ばすソロパートの時のマイクを持つ手をこう…………ぎゅっと組むとき(伝わるか)とか……。

 

私は!!!全国のせんぱい濵田担様に学んでいきたい!!!もっと彼の素晴らしさを知っていきたい!所存でございます!!!!いろいろと教えていただければ!!!勉学に励みます!

 

 

よろしゅうどうぞ!(cv:濵田さん)

 

 

ジャニーズWESTの沼にドボンした話。

お久しぶりです!!!!!!!!(誰か聞いてくれてるかなぁ……) 

 

 

本日はタイトル通り、ゴホン、

 

ジャニーズWESTさんに落ちた話です。

 

これはあまりにズルズルといったものですから、自分でもびっくりぽんです。

 

突然ですが、私はジャニーズ界隈の人々が沼に落ちる瞬間を書き綴ったブログやツイートが大好物です。なんか、現実の恋バナではあり得ないシチュエーション(ライブでのファンサだったり、パフォーマンス時の表情だったり)で落ちることもあるわけで、現実なんだけど一種のファンタジーみがあるのが面白くて。だけども当の本人、

そんな美しい落ち方したことねえ。

気づいたら……とか、この中ならこの人かなぁ……とかいうタイプで始まる方のヲタクなので、ちょびっと羨ましい。

 

 

かくいうWESTさん沼も、決定的瞬間があったわけではありません。では時系列で追っていこう!!!(だれ)

 

 

 

①2018.12.21 Mステスーパーライブ

 

いつものように嵐さん、エイトさん目当てでつけていたMステ。特番は他のアーティストも見たり見なかったり。ただ、比較的ジャニーズグループはちゃんと見ます。

 

そこで始まった序盤のジャニーズメドレー。WESTさんは「プリンシパルの君へ」を歌っていました。この曲は知ってるし、なんならエイトさん直属の後輩、全員顔と名前は一致してた。なんとなくのことも知っていた。「のんちゃんの映画のやつだ〜」くらいな。すると……です。いつもの大サビ、のんちゃんの見せ場。

 

はれ??聞こえん……?……えっ!!まさかプリンシパルのんちゃんのマイク死んでる!?!?そんなミラクルある!?……笑っちゃってるし!!!笑笑

 

リアルに笑ってしまった……や、全く良くないことなんだけど、他のグループでもメンバーでもなく、まさかの主役のマイクが死ぬなんて……。驚きの展開に、ちょっとだけWESTさんを意識しだす。(この時ネット記事もすごい上がってたし!!笑笑)

 

 

②2018.12.31 ジャニーズカウントダウン

 

マリウス落下のショックで呆然としつつ、騒いでいた大晦日。シャッフルメドレーに切り替わり、なんとなく見ていたとき、

衝撃の光景が広がってる……。

 

フレディWEST。

 

エイターからしてみれば、まぁ……と頷きたくなるくらいガチの。初笑いです。おめでとう。歌が入ってこない。ただただ笑って終わりました……。

 

(あれ、このままいくと私、通常運転のWESTさん全然見てないみたいなヤツやん……?)

 

 

③濵ちゃんインフル事件

 

これ、ツイッターのトレンドで知ったんです。なんで濵ちゃんの名前上にあるんだろう……って思ったら、インフルなんて!!いたたまれなくて、その後レポを漁ってしまった。その時、「間違っちゃいない」でのシゲちゃん、神ちゃんの対応や、濵ちゃんファンを励ますWESTさんの姿勢に感動。ちょっとずつWESTさんを調べ始め、音楽を落とし、数週間……

 

割と両足を沼に突っ込みました。

 

日々好きになる……噛めば噛むほど……って珍味か。でも、逆に問いたい。

 

このグループ、ほっとくべきじゃないよ!?

 

ちょっと、ナメてかかってたかもしれません。(一時期、ヒルナンデスとかレコメン、タイアップがエイトさんからWESTさんへ変わっていった時期、正直いい気がしていなかった……コソッ)

かなりグループとして、そして個々としての印象変わりました。

 

ここで、

メンバーイメージBefore→Afterいこう!!!

 

中間淳太

ヒルナンデス、レコメンと、何かと桐山くんと一緒の人。特にそれ以外の印象はなく、ドラマ出演もないため、イマイチどういう人かわからん。

メルヘン最年長。この世界は彼に加齢(サムイ親父ギャグ)を与えなかったってわけか?

ガチセレブ、ガチアイドル、ガチプリンス。私はここ数年、甘い言葉の免疫がガッツリないから、動画で見た彼の王子発言には卒倒した!!!

「じゅんじゅんに〜??」

キュンキュン♡♡♡/

……これはまた、すげえフィールドに来てしまったようだ……。

あと、ジャスミンを気遣う言葉の端々が本当にジェントルマンで、素直に素敵。キラキラプリンスだけど関西弁。こりゃすごい逸材……!!

 

 

濵田崇裕

なで肩!なで肩!なで肩!……ですね。嫌味じゃないよ、ほんっとに、翔くん超えのなで肩に出会ったことなかったからびっくりしすぎて……。あと、2017年のジャムコンの夜、一緒に行った子と音楽の日か見てて、例のサングラス事件目の当たりにして、ゲラゲラ笑った記憶があるかな……。

やばい。今1番落ちそう!なお方。面白い田舎のにいちゃんかな、って思ってたら、それに終わらない。歌、ダンス、アクロバット……全てがどストライクです。ホワホワした喋り方も、くしゃくしゃの笑顔もすき。

人柄が存分に出ているお顔が好きなので、ああ……なんて優しい人なんだろう、好きだ、と確信してしまった。

濵田担は重い女、という言葉の真意がちょっぴりわかる。うん……にいちゃん、あんたはリア恋製造機っすわ……。まじめに今日、恋をはじめます。しちゃうって!!!!!致し方ない!!!

たぶん今演技仕事とか見てしまうと確実に落ちるので、……恋愛ドラマ見てみたいなぁ。(パラドックス)

 

 

桐山照史

1番知ってるよ!!もう私が小さい時からドラマで拝見してます。大野くんの「鍵部屋」、「流れ星」、「HOPE」、「あさが来た」。演技がすごく自然で好き。歌がはちゃめちゃに上手なのも、歌番組でよく見ていました!

リア恋②。ぽっちゃりでいじられるの知らなかった……絶対リアルにいる……こういうにいちゃん。太っ腹にいちゃんに見えてたけど、実は繊細で泣き虫。そんなところが可愛いなぁと思う次第です。

歌が上手なことは知っていましたが、こんなに気持ちよさそうに歌っていることまでは目が行き届いていなかった。表情が、もうその歌の中にいるというか。WESTさんには表現が多彩なイメージを持ちましたが、彼は特にいろどり、を感じる。バラードもわちゃわちゃソングも、かっこいい歌も、ネタ曲も、スイッチングが絶妙で私もその世界観に入って行ける。

歌でこんなに語れる!!バリナチュラルハイ!!!(覚えたて)

 

 

重岡大毅

WESTのセンター。赤色。主人公感ありまくりな、いい意味で普通の男の子。すばるくんに「歯多い」といじられてたのがツボ!

んん???全然普通の男の子じゃない……???5歳児。変人of変人。私ならあの絡みされ続けたら、いつかブンなg……(自主規制)だから、淳太くんすぎょい……。

邪心が1つもない笑顔がまぶしすぎる。ちなみに前は、「重岡くんが1番かっこいい!」と言っていた。(いや、今も思うけどさ……あまりにも変人すぎる、変人すぎてサイコウ。) 

溺れるナイフ」の大友くん、彼以外に演じられる人はいなかったと思う。演技なの?素なの?……わからないから、彼の演技はもっと見てみたい。学生服は勝負服。朝ドラかもんぬ!!!!

驚いたのは作詞作曲+ピアノ。既存の二曲が大好きで、試験時は「間違っちゃいない」に何度助けられたか。いつか感謝伝えたい所存。ワードセンスに脱帽。彼の小説とか読んでみたい……(シゲだけに)。

 

 

 

神山智洋

安くんと系統が同じ?「わたし鏡」のカバーを某サイトで見たとき、好きになりそう、と思った。髪色コロコロ変える(ユニコーン色大好物)しピアスつけるし、なんか気になってた!

元ジャックナイフ。これは1番びっくりしたかな……天使のような笑顔だったから……。丸くなったんだねぇ……おばさん涙。(⚠︎7つ年下ですやん)

歌声が……好きすぎます。透明感、化粧水、わかりみが深い……。おまけに作詞作曲するなんて、落としにかかっている。加えて家事炊事かんぺきのオカンだなんて……結婚したい。

デビュー時の話は恥ずかしながら知らなかったんですが、どなたかのブログで1万字インタビューを読んだ時は、……うーん、衝撃だった。特に神ちゃんの話は生々しいというか(家族の様子とか心情のつづり方が)、この世界のエグさが見えた。7人7様、色んな思いを抱えてのデビューだったんだろうな、だからこれからはなるだけ笑っててほしいな、と思ったインタビューでした。

 

 

 

藤井流星

相葉くんのドラマに出ていた時に知った!萩花ちゃん夏恋ちゃんのお兄ちゃん!イケメン。ただただイケメン。

その顔面でガチ天然&ゆるキャラってズルくね???? ふつうにシャイで、WESTさんの中でも「お笑いはちょっと……👋🏻」みたいなタイプ……と思ってたら、貪欲すぎてた。今でもWESTVアルバムのコントのおばちゃんが脳裏をすぎる……笑笑 

好きになって改めて全体を眺めると、完璧すぎるイケメン。美術館に寄贈したいレベルの彫りの深さ、美しさ、耳をくすぐる鼻にかかった低音voice……流石に、Into Your Eyesは癖に刺さりました。淳太くんありがと。

このお方のデビュー時のエピソードも、仰天ものだった。神ちゃん濵ちゃんの手を引き上げたのは流星くんだったか……と。男前すぎて、腹がすわりすぎてて、ホレた。精神面で1番男らしい印象です!!

 

 

小瀧望

のんちゃん!!中学の同級生がデビュー当時からのんちゃんのんちゃんと言っていたので知ってた。セカムズではチャラ男役がハマっていて、年齢を知った時に腰抜かした。彼、20代半ばみたいな雰囲気醸し出してるけど……実際私と4つしか変わらん……?大野くんがのぞ兄というのも頷ける……。あと、デカい。

Baby。The 最年少。WESTというファミリーでぬくぬく育ったんだなぁ……と感慨を覚える。

はまこたは正義。濵ちゃんに遅刻を怒られて、まるで彼女かのようにソワソワし続けたエピソード、「雪に願いを」で初挑戦のギターで、濵ちゃんの後ろを懸命に追っかける兄弟のような姿、もう……いとしいだよ。

スマートにボケる芸風(?)が腹筋壊してくるので、やめてください(もっとやれ)。2.5枚目……って思ってたら、イケボで歌い囁いてくんのほんと……。すき!!!!もっとやれ!!(投げやり)

 

 

と、いった感じです。支離滅裂かって。

本当に1人1人がぶっ刺さってくるので、今のところ担当は定められず。濵ちゃんに落ちそうで怖いけど!!!

絶妙なバランスの7人で、7人にそれぞれがこだわり続けた所以が、新参者ながら少しだけわかった気がします。あと、驚いたのは最年長と最年少の年の差が9つもあること、全員が呼び捨てかあだ名呼びであること!!!全く感じなかったし、知らなかった……。でも、特に呼び捨てのこととかは、彼らにとっての歩み寄りで、本当に家族だなと感じた。素敵な関係性、憧れる!!!男兄弟!って感じ!(余談だけど、嵐さんは家族とも違くて、形容詞しがたい嵐っていう新ジャンルだし、関ジャニ∞さんは完全に家族というか、首の後ろのホクロを動機として運命共同体)

 

 

 

というわけで!!!

絶賛勉強中なので、オススメのコンテンツ(特にライブDVD)があれば教えて頂けると……お願いします、ジャス民さん🙇🙇

 

どんどん掛け持ちになっていきます……大学生になってもおそらく続きます……(来年 ㊗️ジャニヲタ10年目/ )バイトします……。

 

たのしい。

(沼の底から笑顔をのぞかせて)

 

 

渋谷すばるくん37歳&関ジャニ∞デビュー14周年へのはなむけ。

前回の記事は薄目でスルーしてくだせえ……今日はお祝いなので!エイター大好きお祭り騒ぎなので!!!!!

 

渋谷すばるくん 37歳おめでとうございます🎉

 

あなたが関ジャニ∞を旅立ち、2ヶ月半弱がたった。こんなにも「普通に」時は過ぎてくし、私はなんとなくだけれど、6人に慣れてきている。慣れは怖いけど、慣れは普通だ。だから、黙って好きでいる覚悟を持とうと思います。

 

まずは、すばるくんについて。

 

私、あなたの名前がとてつもなく好きです(突然)。ザ・芸能人みたいな名前じゃん……でもって顔面が奇跡……Oh……奇跡of奇跡!そのすばるという名前が、確かに関ジャニ∞に刻まれていたこと。何かしらの面で、6人を「統べていた」こと。

ぜったいに忘れないです。

私は6人に慣れつつあるかもしれない、だけど、すばるくんのことは忘れたくない、慣れたくない、どこかにそんな気持ちを引きずりながらファンをしています。

今だって、あの怒涛の4月を思い出す。見たことのない、でも見慣れた顔のすばるくんが、自分の決意を表明する。各メンバーが思いの内をそのまま紡ぐ。

 

いくら話が美化されようと、あの日は私にとって1つの臨終だった。地獄だった。

 

すばるくんは、関ジャニ∞で幸せでしたか?関ジャニ∞の歌が好きでしたか?

 

もうそんなの当たり前だって、あの会見の数分ですら感じ取ったから。私は今すばるくんに未来を問いたい。

 

すばるくんは、どんな音楽と出会いたいですか?どんなシンガーになりたいですか?

 

「人生残り半分」……そうは言ってもすばるくんには確実に(と信じたい)未来はあって、その半分は自分の音楽のために消費することを選んだんですよね。

 

突然だし、勝手だし、多くのファンを泣かせたし。腑に落ちない言葉はいくつかあったけど、だけど。

 

私はすばるくんほど誠実なアイドルは知らない。昔のことなんてよくわからないペーペーだけど、それでも応援させてもらってきた2年間、私はすばるくんが大好きでした。すばるくんがいた関ジャニ∞、大好きだったなぁ。たった2年間だったけど、本当に大好きでしたよ、そして今も、ね。

 

すばるくんが歌うと、その空間が飲み込まれるんだ……声に。去年7月、初めて行ったライブ、彼の歌声のエネルギーを直に感じて圧倒された。あまりグループの中心は云々という言い方はよろしくないと思うけど、あの時から痛切に関ジャニ∞の核をすばるくんに感じてしまっていた。それほどの強さだった。それほどの歌だった。

 

だから、今私は早く世界中の方たちにすばるくんの歌を聴いてほしいのだ。やさしくて激しい音楽とか、息を飲む歌声とか。2年足らずで大好きになって今も心を離れないすばるくんの歌を聴いてほしい!!!!

 

もうシンプルな感情でいいかな、と思う。

頑張ってほしい、それが全てのモヤモヤを取り払った私の最終形態の思いかもしれない。まだ拭いきれないものはありますが。

 

そして関ジャニ∞

 

15周年の1日目を、台湾から歩み出す6人。

誰が、アニバーサリーを日本で始めなければいけないと言った?どうしておめでとうって言えないんでしょうか……。新しい未知の地から歩き出して、また日本に、大阪に戻ってくる彼ら、何よりかっこよくないですか?私は、そう思っていたい。

 

またパワーアップした6人を見られるのが楽しみ。成長をやめない人たち。泥臭さを忘れない人たち。人数は違えど、根っこの熱いものは変わらないと信じています。辛いことがあろうと、最初は無理矢理かもしれないけど前を向こうと自分たちを、ファンを鼓舞するあの人たちを、好きになって良かった。

 

アイドル・関ジャニ∞も、

アーティスト・渋谷すばるも。

 

おめでとう、ありがとう、

その存在に音楽に感謝。謝謝。f:id:satoshou3104:20180922231150j:image

 

 

閲覧注意です。気分を害される方は回れ右!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6人でのツアーも佳境。そんな中、2人のメンバーの不貞が暴露された。ここではあえて錦戸さん、大倉さんと呼ぶ。

 

私のファンとしてのスタンスは、甚だしく人と違うわけではない。好きな人に熱愛報道が出ればまあ騒ぐし、「もう!」とも思う。ただし、今までにいわゆる「スキャンダル」が、自分の応援する人に出たことはない(私が応援している間の話)。

 

だから、お2人に対してガミガミ言えた試しはないし、私はそう言う存在でもない。お2人を1番に応援しているファンではないので。もちろん全員好きだけど、その人個々を特別に応援しているわけではないので。

 

一般人と芸能人の区別って割とシビアな問題だろうけど、普通同等な扱いはされないでしょう。彼らが生業とするのは人の前に立って「楽しませる」=「エンターテインメント」であるから、いちサラリーマンや公務員とは全く違う。「ファン」という不特定多数の人間がバックにつく。だからこそボロが出れば短命、或いは絶命に瀕することもあり得る。

 

私が今回の某週刊誌報道で感じたことは、「わかってますか?」ということだ。良くない噂が立つことで、「6人じゃダメじゃん」「すばるくんいなくなったらこれかよ」と、外野ないし内野に見放される危険性。これがソロであるなら完全にその人が背負うことだけど、そうじゃない。錦戸さん、大倉さんの疑惑を横山さん、村上さん、丸山さん、安田さんも関ジャニ∞として背負わされることになります。「ああいう奴がいるグループだ」と世間に思われても致し方ない。

 

何やってくれてんだ。嫌だけど、どうしても嫌だけど、命と向き合いながらアイドルをする安田さんと比べてしまうよ。わからないよ、裏での彼らなんか。見えないならいくらでも知らんふりできる。だけど、表に掲げられてしまったらキラキラの彼らとあの寝顔の彼らを両方見ることになる、そんな悲惨なことない。

 

しばらくは、錦戸さんの「背負っていく」覚悟も大倉さんの「死ぬほど頑張る」覚悟も受け入れられません。この期に及んでこんな報道。時系列が不明なので確証はないし、第一知らん女たちの証言なんかで事実はわからないけど。ただ、覚悟を述べるタイミングと、報道されるタイミングがマッチングしていて信頼に欠けるんですよ。恋愛するななんて乙女ヲタクじゃない、ネタにされて格好の的となるような行動は(とりあえず今は)謹んでくださいということだよ。

 

「すばるくんがいた方が良かった」

こういう報道でファンにそう思わせるのって1番の罪ですよ。何より、ずっとすばるくんを特別に応援してきたファンに対しての冒涜。これ以上傷つけてどうするんだ。どうしたいんだ。再出発からまだ2ヶ月、今の時点でこれじゃあ納得いかない。

 

ああ、ガミガミ言う試しはないって言ったのに、結局ワーワー言ってしまった。でも、今回久しぶりにかなり幻滅したので、こんな記事を書くに至ってしまった。エラそうにつらつら。

 

とにかく今日の福岡、来週からの台湾応援してます。ただ、私のお2人へのモヤモヤはしばらく消えなさそうだった、そんな話でした。

 

 

 

 

 

 

2018.9.11 34歳の安田章大くんへ。

まずは、安田章大くんお誕生日おめでとうございます🎉 エイターの私としてお祝いするのは3回目となります。今日このブログでは!安くんの大好きなところを!心置きなく!余すところなく!放出したいと思います!!(ちゃらら〜ん)

 

1. お顔

ほんとは御顔って書きたいけれど、この気持ちというかフェチ(?)は理性のうちに留めます。さっ。まず、私のカメラロールに入っている安くんのお写真はまぁそれほど多くもないけど、それって一枚一枚の発光力がすごくてギガ数食っちゃうからなんですよね(?)……いや、真面目に書きます。わかりやすい参考画像とともにお送りすると、

f:id:satoshou3104:20180910170502j:image

(あっ…………てんし……ううん……うぅ……)

前髪なしがわかりやすい。

①きゅるん♡と音のしそうな綺麗な二重お目目

②キュッと上がった口角

③割と形のはっきりした眉

④とりあえずパクッとしたい(?)鼻

⑤(コンディションはあるが)ペカっとツルッとしたお肌

うーん……ボキャ貧つら。だんだんお顔の話じゃなくなりそうだよぉ……私、お顔の好みってまちまちで、昔は三浦春馬くん、小栗旬くん、水嶋ヒロくんとか好きで、そっから大野くん、安くんときたから共通性皆無なんです。だからこのカテゴリー作った割にはあまりこだわりないかも、(は?)です……。好きな人の顔はどうしたって好きなんですよ。

好きな人の顔は

どうしたって好きなんですよ…(エコー)(Echo)(てるみーわーいわーいそわーいきゃなー…………)

あ……復唱失礼……ととと……。ただ、安くんの笑顔は私が惹かれた要因でもあるので譲れない。ほんっとうにくしゃあって笑う顔です。関ジャニ∞は普段からみんなくしゃくしゃにして笑う印象ですが、安くんの笑顔は本当にしあわせそのものだと思う。先日のライブレポでも、ヒナちゃんが笑顔の安くんを見てもらい笑いしてしまったと聞いて、笑顔の伝染の真髄を見た。人が笑ってて、笑い声が面白いとかそういうのはよくあるけど、その顔そのものがしあわせで笑うことってないです。それってその人の人柄も優しさも過去もすべて映すものだと思うので、安くんの生き方=メンバーに伝染ってしまう笑顔なんだと。応援している人がそんな存在って、うれしいなあ。

あれ……ふざけで始まったのに真面目か……。

next!!

 

2.歌

カメレオン。彼は美しいカメレオン。

聴くたび聴くたび、もしかしたらその日の心持ち(?)によっても聴こえが違うかもしれない。

私の個人的な好みになるんだけど、私は力いっぱいぐっっって歌う安くんよりも、柔らかく抜いた感じで歌う安くんの方が好きです。でも。でも。

「ここに」の歌唱はあれ以外あり得ない!(異論は認めます……しくしく) 

彼の中ではいつも100%なんだと思うんです、どの曲も。でもそれぞれベクトルの方向が違う。そしてそれを声色で表現できる、言葉の置き方で表現できる。それがカメレオンたる理由じゃないかな。この振り幅に関して言えば、すばるくんさえも凌駕するのでは?(ケンカ売るわけじゃないよ……) 可愛い少年のように丸みを帯びた歌唱から、鋭く、色っぽく、そして強くなった歌唱。私が彼の歌から離れられない所以。

安くんの作る歌についてもそう。私的(安くんエイター的??)に殿堂入りなのは

わたし鏡

なんですけど……(聴いたことない人に人生半分くらい損してるよっていいたい……嫌いな食べ物について他人に「人生損してる!!」って言われるの嫌なただよしさん(@大倉くんと高橋くん)に「はァ?」って言われそうだけどこれに関しては同志でしょ?大倉くん……応答セヨ……セヨ)

はっ。えと、でもそれ以外の曲でエイターをぐっと掴んで来られるでしょ?んー……何だろう、私はアイドルが自分の需要がどこにあって何なのかを悟ったとき、「じゃあこうしてればいいんでしょ?」となるのは頂けないんだけど(カメラサービスとか、わざとそうやるのは大好物だけどサ)、安くんはそのいわゆる需要というもんをなんとなく理解しつつ、新しく発信したいものを作り出すエネルギーを持ってて、曲に注いでくれると勝手に思ってる。

色っぽい(えろい)曲は需要ある、安くんはそれをわかっていながらキラーフレーズまで個々のメンバーに与えるという進化版えろ曲「JAM LADY」を創作なさった。彼のどのジャンルに対しても壁のなさそうなフリー感はもう最高にエンターテイメントだし、アイドルは天職だし、ラップ調の歌とかレゲエとか作ってもまた上手く馴染ませるんだと思うよ……すご。

作っても歌っても安田章大でありながら色んな登場人物になれる、という才能。そこが好きです。

 

3.人柄

ここ、熱いですよ!!!熱いです。

正直、7/2の衝撃波は、4/15の衝撃波よりも少し弱くて。それは私が直接動画を見たわけではないということ、ツイッターや記事など他人の言葉に置き換えられたものをザッピングしていたからにすぎない。(お前は早くファンクラブとWebに入会しろ 私より) ただ。じんわり広がる不安が、ひどかった。

当日のニュースでは、髄膜腫を患われ、手術成功だったこと。経過は良好であること。その中で立ちくらみを起こし腰や背中を骨折する怪我をされていること。

そういった事実は把握した。

ただ後になって、

「あれ?ダンスできないの……?」

「手術後すぐに俺節やったの……?」

「立ちくらみで骨折ってそれかなりヤバいんじゃ……?」

などと、バックグラウンドが気になり始めた。私はただ「休んで!!!!」と思うことのできないファンだった。色々考え込んでしまった。ライブのこと、番組のこと、すばるくんのことまで絡めて勝手に落ち込むようなファンだった。

あまりにも安くんが真っ直ぐで誠実で優しいから、安くんのファンでいることを怖くなる時もある。私はこんな人間なのに、応援している人にこんなに愛されてもいいのかなあ。とかさ。重い……!!

でも。私は、安くんを好きな私が好きです。見る目ありすぎじゃん!!って日々周りに自慢して歩きたいくらい。2016年の夏、ぱっと、何か確信的なものなくして、「いちばん安くんが好きだな」って思った私、ありがと。彼はいっぱいいろんな試練抱えすぎたけど、だけど、本当に間違いなく素敵な人ですよ。強い人です。

病気が彼の核なわけじゃないからダラダラ書くのは申し訳ないけど、今年あったことは私のファンとしての歴史上、かなり大きな意味を持つものです。再認識とはちょっと違うけど、彼を応援しようと、また気が引き締まった感じ。

今辛い人に言葉をくれることはありがたいけど、その未来まで及ぶ言葉をくれる安くん。きっと私が大学に進んで、就職して、結婚して、出産して……そんな将来にも彼の言葉は新鮮さを保ったまま生きてるんでしょう。その時私が、安くんが、関ジャニ∞がどうなっていても、彼が落とした言葉も歌も消えない。それが嬉しいです。

 

 

・結びに

話は変わるけど、「生きろ」という曲。あの曲が、どうしても聴けません。あの日から聴けません。小耳に挟んだのは、安くんがWebに書き込んだ

「あなたを生きて」

という歌詞。

今の私には、断片的にあの歌を聴くくらいがちょうどいいのかも、ね。

安くん。安田章大くん。生まれてくれて、生きててくれてありがとう。

 

 

あなたを生きて。

 

 

2018.9.11 34歳の安田章大くんへ 

f:id:satoshou3104:20180911191419j:image

 

 

 

 

 

北海道地震に遭いました。

タイトルの通りで、先日未明に起きた北海道地震に遭いました。

 

私の地区は震度4程でしたが、夜中3時頃に突然耳元のスマホのアラームが。就寝したのは1時を回っていましたので、ほぼ寝ていない状態から飛び起きました。

 

父と母のいるリビングに降りると、すでに停電。テレビもつかず、情報源はラジオとスマホのみでした。スマホは充電がなくなるといけないので、バッテリーを使いながら少しずつ情報収集しました。

 

ほぼ3時間程度の睡眠後は冷やご飯と冷蔵庫(かなり食材のストックはありましたが痛んでしまうものも……)のおかずを何とか食べ、お店の開店時間に合わせて家を出ました。私の町はスーパーやコンビニの数が増えてきている場所で、多くのお店がありますが、これがひどかった。

どこもかしこも行列なんです。

やっと入った(話題の)セイコーマート。おにぎりやパンは全滅で、電気のつかない中、店員さんが温かい声をかけてくださる。母に電話しつつスパゲッティを買い、自分も不安な中対応してくださった店員さんに「ありがとうございます」と伝え、家に戻りました。

買ったスパゲッティは夜に取っておいて、トースターも使えないため、食パンをそのまま食べた後は母と2人きり(父は工場働きで早朝職場へ)。なんにもできない、それが苦痛でした。おしゃべりすることくらいなものです。たまに開くツイッターを見れば各地が液状化、土砂崩れ。我が故郷ながら胸が痛み、それ以上見るのはやめました。

唯一できる(しなきゃいけない!)ことは、延期した期末考査の勉強。どれだけ普段電気に頼りきりな生活を送っているか、ひしひしと感じました……。

 

夜は1番孤独で苦痛で。たまたま両親がお通夜に出かけてしまい、家にひとりきりでした……そんな時、ラジオではこの地震で被害にあった高校生からリクエストを募り、その曲を流す、という企画をやっていました。SHISHAMOの「明日も」、WANIMAの「やってみよう」などなど……。

音楽ってすごいです。あるだけで、どんな曲だって、存在が彩られてる。

音楽だけではなく、エンターテイメントってすごい威力です。私、この期に及んで友人に買ってきてもらったGR8ESTのパンフレットを開封関ジャニ∞の写真を、笑顔を見るだけで笑えたし、涙も出た。

ランタンひとつ、ラジオひとつ。そんな中だったけれど、音楽と関ジャニ∞が私の恐怖を取り除いてくれました。十数年生きてきて、本当に救われたと思った。ありがとうございます。

 

話を進めまして。かろうじて水は出ましたが、お湯が辛い状況だったので体はタオルで拭き、髪の毛は我慢。断水していないことが不幸中の幸いでした。

避難されている方々はそれすらも難しい状況です。贅沢言ってはいけない、私は生きてるし、インフラは復旧せずともなんとか食べれている。その夜は不安で怖くてどうしようもなかったけれど。とりあえず夜を越えよう、寝よう、枕元にジャムツアーのペンライトを携えて。

 

そして先ほど14時頃、電気が復活しました。生活音がある喜び。温かいご飯が食べられる喜び。人間って経験しないとなかなか実感できない、ある意味愚かなものかもしれないですが、それでも実感できたんだ、私は。まずはその経験を自分自身に、そして見知らぬ誰かに1人でも、残しておけたらと思いこのブログを書きました。

 

大好きな北海道、こわすのはもうやめて。祈りを込めて。

 

2018.9.7 15:38